歯磨き粉と口臭ケア用サプリメントの効果

歯磨き粉は1,000円以上もする歯槽膿漏対策用の「生葉」というモノに変え、毎朝、その「生葉」で丁寧に歯を磨いて出勤。

一方、ネットで購入した口臭対策用サプリメントの「オーラルデント」は1日一粒、舐めればOKというタブレット式だから、いつ舐めるのが一番効果的だろうかと悩んだ挙句、結局、昼食後の歯磨きあとと決めた。

年末年始の福袋セールや何かしらのイベントがらみのセールでもない限り、通常、開店直後から午前中の時間帯よりも午後の方がお客様の出足は良い。となるとやはり、午後、食事を取ってからの口臭の方が、私にはよりいっそう不安に思えたからだ。

新しい歯磨き粉での歯磨きと口臭ケア用タブレット。この二つが、目下のところの私の口臭改善対策としての日課だ。

そして、それぞれの効果を自分なりに検証してみると……。

まず、歯磨き粉に関しては、ミント系が強い味ではないので、特別な爽快感というほどのものはない。けれど、これまで使っていた歯磨き粉に比べると、磨いた後、歯の裏側を舌先で触ってみたときの感覚は以前よりもツルツルしているような気がする。

また、口臭対策用タブレットの「オーラルデント」は、もう少し薬っぽいものを想像していたが、その予測を良い方に裏切ってくれ、うっすらと甘いレモン味が美味しく感じられて舐めやすいのがまず助かる。

手元に届いて以来、とにかく1日も早く口臭を消したいという一念から、日々欠かさず舐めているが、一旦、舐め始めると、どんどん唾液が発生してくるような感じがして、口の中が急激に潤ってくる。さまざまな口臭系のサイトで見るかぎり、口臭を発生させない秘訣の一つに、唾液の分泌量が充分であることが挙げられているから、これはきっと良い傾向に違いない。

そのうえ商品説明にもあるとおり、タブレットを舐め終わった後、数時間しても口の中がスッキリとサラサラしているような感覚がある。正直、これまでの私の口の中の感覚とはずいぶん違うような気がするのだ。

とはいえ、「私の口臭、最近どうですか?」などと人に聞いて回る勇気は到底ないから、効果のほどはまだなんとも言えない。けれど、実際これは、商品に配合された特許成分「オーラバリア」なる抗菌物質が、いわゆる「口臭のもと」にきちんと働きかけてくれている証拠なのかもしれない。

とにかく味も悪くないので、これなら続けられそうだ。

30粒で1,900円。決して安いとは言えないサプリだけれど、これで本当に効果が出るのであれば、むしろ安い買い物と言えるのかもしれない。

歯磨き粉とあわせて、あとは本格的な効果が出るのを待つばかり……?

いや、それでもまだ、本当に私の口臭が消える方向に向かっているのかどうか、やはり不安な思いは尽きない……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です